水着の人

治療できる医療機関や費用

カウンセリング

病気治療と美容の違い

ほくろが気になる場合、医療機関でほくろ除去を行うことが可能ですが、その際、どの科へ行ったらいいのかや、費用はいくらぐらいなのかわからないという人も多いでしょう。まず、ほくろ除去の治療ができる医療機関に関しては、皮膚科と形成外科、そして美容皮膚科の3つが挙げられます。皮膚科は、主に病気治療が目的である場合に適しており、病気治療が目的のほくろ除去であれば保険が適用されるため、その場合は費用を抑えることができます。そして対象となっているほくろが皮膚がんであるかどうかの検査も同時にできるため安心だと言えるでしょう。ただし皮膚科は、病気治療が基本となるため、美容に対する意識は、美容を目的とした科より低い場合があると言えます。次に形成外科は、ほくろ除去だけでなく、そのあとの見た目もキレイにすることができるため、傷跡をできるだけ残したくない人に向いていると言えるでしょう。そして病気治療とみなされるほくろの場合であれば、形成外科でも保険が適用されるため、その分の費用を軽減することができます。ただし、美容目的の治療とみなされるものに関しては、保険が適用されないため費用が高額になってしまいます。さらに美容皮膚科は、皮膚をキレイにすることを目的とした科であるため、こちらも形成外科と同様に美容を目的としたほくろ除去に向いていると言えます。ですので、美容皮膚科では保険が適用されない場合が多いため、費用に関しても高くなる傾向にあると言えるでしょう。ほくろ除去の費用に関しては、治療法の種類によって異なるほか、除去を行うほくろの大きさによっても変わってきます。まずレーザーで治療する場合は、傷跡が極めて残りにくいといったメリットがあり、小さいほくろであれば数千円程度から治療可能ですが、大きいものだと数万円かかる場合があります。次に電気メスや高周波メスの場合は、大きなほくろでも切除しやすいというメリットがあり、費用は6千円〜3万円程度かかるのが相場です。さらに、再発が少なくて済むとされる、くりぬき法と呼ばれる治療法の場合は、3千円〜3万円程度が相場だと言われています。