積み木

高い値段で不動産買取をしてもらうなら【売却のコツを徹底解説】

安い賃料で借りられる

ウーマン

東京で賃貸住宅などを探す場合、賃料の高さが問題になることが多い。賃料を抑えるために、駅からの距離を妥協したり、他の路線の沿線上の物件を探すなど条件を変えることもある。これらの賃料の特に高い東京において、安い賃料で借りるための方法としてあるのが事故物件である。事故物件は、前の住人が死亡するなどした物件を指すことが一般的であり、建物自体には問題ない物件となっている。その為、気持ちの問題を除けば住む上で問題ない物件である。事故物件では、例えば病死などが発生した場合でも事故物件扱いとなるため、事件などの問題が無い物件でも事故物件とされていることがある。事故物件では、賃貸契約をする際に業者は告知する必要があるため通常はこれらの物件を利用するケースが無いが、あえて事故物件であることを出して入居者募集を行っている場合もある。東京では賃貸物件の数が多いため、事故物件の数も多くなっている。その為、比較的数のあるなかから探すこともできる。不動産サイトなどでは、これらの物件を探せるものもあり、賃料を抑えて住みたい場合には利用しやすいものとなっている。東京では駅に近い物件などでは賃料が非常に高くなるが、事故物件であれば同じ条件の物件でも、賃料が半分程度になる場合もあるなど大幅に安い賃料で入居することができる。賃料が安ければ、敷金や礼金などの初期費用を抑えることができ、更新料も抑えられるため魅力も高くなる。