積み木

高い値段で不動産買取をしてもらうなら【売却のコツを徹底解説】

不動産の売却方法

模型を持つ人

不動産売却の流れ

失業や事業の失敗、離婚、家族との死別といった様々な理由により、毎月の住宅ローンの支払いが困難になった方には「任意売却」という物件の売却方法をお薦めします。任意売却とは債権者の同意のもとに、物件の所有者の意思により不動産を売却する方法です。ローンが何ヶ月も未払いである、既に競売開始決定通知書が届いている、といった場合でも任意売却は行うことが可能です。ただしローンの滞納が基本的に「半年以上」続くと、強制的に「競売」にかけられてしまいます。競売の決定が下されると、相場よりかなり安い価格で物件を売却されてしまう上、近所住民や周囲の身近な人に事情を知られてしまうので注意が必要です。競売にかけられる前に任意売却を行えれば、相場に見合った価格で売却が可能な上、周囲に事情を知られる心配もありません。その為任意売却の相談・依頼は、住宅ローンの支払いの目処が立たなくなったら、できるだけ早期に行うようにして下さい。最低でも「3ヶ月分」ローンを滞納している場合は、即座に任意売却を行う必要があります。福岡県でこの任意売却を行いたいという人は、福岡県内で任意売却を専門としている弁護士、または専門業者に依頼することをお薦めします。弁護士や業者によって仲介費用や、売却価格には大きな差がありますので、最低でも5社以上に査定を依頼し比較することをお薦めします。最近ではインターネットで福岡県内の住所・番地などを入力するだけで、物件の平均売却価格も調べることも可能です。弁護士や競売に相談を行う前には、福岡県内の物件の「平均売却価格」を調べておくことをお薦めします。