医者

メラニン色素の沈着皮膚

ほくろの除去には、自分でするもぐさで焼く方法や色々なクリームを塗る方法があります。レーザーによる除去が簡単で確実です。ほくろの大きさに合わせて、レーザーの種類や費用も変わります。よく相談して適切なものを選択する必要があります。

カウンセリング

治療できる医療機関や費用

ほくろ除去の治療ができる医療機関としては、皮膚科と形成外科、そして美容皮膚科の主に3つが挙げられます。治療費用は、治療法やほくろの大きさによって異なり、数千円から数万円程度かかるのが相場だと言えるでしょう。

今の自分を変えるために

美容整形

悩みを解消しよう

ほくろ除去治療をしたいと考えている場合、形成外科や一般の皮膚科、美容外科クリニックを利用して取り除くのが一番良でしょう。手術を通して皮膚をカットし縫い合わせていく切除縫合術に関しては、健康保険が利用できますが、レーザー治療においては健康保険が利用不可となり、全額自分で負担しなければなりません。そのレーザー治療のタイプにはどのような方法があるのかというと、炭酸ガスレーザーを使うやり方があります。皮膚の内部に含まれる水分に反応を示す、炭酸ガスレーザーを使用し、ほくろの組織そのものを蒸発させていきます。5ミリから10ミリ以下の、割りと小柄なほくろに使用可能です。そして、Qスイッチレーザーを使用するやり方もあります。メラニン色素に絞って反応を示すレーザーで、母斑細胞に備わるメラニン色素を壊すことでほくろの色を薄めていき、ほくろ除去するレーザーです。メインとしては、1ミリから2ミリほどの平たく小さなほくろに利用されます。きちんと反応を示せば、治療した後は傷跡が残ることがなく、ほくろを可能な限り早くなくしていくことができます。数多くあるほくろ除去のやり方のうち、レーザー治療というのは傷跡が残らない可能性が非常に高いものとされています。この傷を目立たせないというポイントが、レーザー治療において何よりも大きな特徴でもあると言えるでしょう。それとレーザーですが、色が濃くなっている部分に反応を示すことからも、色が濃くなればなるほど痛みが生じる傾向があるので、注意が必要です。ですが、治療している間のみ、わずかな痛みが生じるだけなので、表面麻酔も特に必要ないことが大半です。これにより、痛みが生じてもほんの一瞬のみというのも特徴のひとつとして挙げられます。あとは、整形外科専門医や皮膚科専門医をしっかりと選んでいくことで、治療した後の傷跡のフォローにも入ってもらうことができます。よって、ほくろ除去から皮膚が回復するに至るまで、安心感を持ちながら治療を受けていくことが可能です。また、今現在においては非常に安い金額で治療を受けられるようになっているので、気になる方がいましたら試しに医療機関を利用するのもよいでしょう。

レディ

新しい自分を掴むために

ほくろが気になる場合、クリニックを利用し、レーザー治療を通してほくろ除去する方法があります。その際、治療にかかる金額は、2ミリから3ミリほどの大きさで10000円近くかかり、1ミリ大きくなるごとに5000円から10000円加算されます。

ナース

コンプレックスを手放す

ほくろに悩みを抱えている方で、ほくろ除去を考えている方もいるでしょう。ほくろ除去をすることで顔の印象を変えることができ、それとともに自分に自信が持てるようにもなります。よって、ほくろ除去には良さが多くあることからも、今人気が高まっています。

顔を触る人

満足のいく肌を手に入れる

ほくろ除去する際、保険適用であれば安くすみますが、保険がきくのが必ずしも良いわけではありません。クリニックを選ぶ際には、初診は健康保険が利用可能なのか、それとも自由診療なのか、どちらもOKとする皮膚科を選んでいくのが一番です。